日々雑感~デイリーメッセージ~

平成24年12月13日(No5838)   顧客コミュニティの育成

顧客コミュニティの育成

交流の深い横浜市内の「夢工房・だいあん」の光田敏昭代表が来社された。他の所用もあったようだが、来訪の主たる目的は展開中の「講座活動」の体験参加である。元々は地域の活性化を目的としてスタートしたが、予想をはるかに超えて充実している。間もなくスタートして5年になるが、さらに改善を要する時期にさしかかる。光田さんの意見が聞ける。

 

実は消費社会の大きな変化にどう対応するかが喫緊のテーマになっている。「心の時代にモノを売る方法」を確立しなければ、企業の先行きがなくなる。時代認識の一つとして「顧客コミュニティの育成」が挙げられる。確かな時代の変化を読んだ訳ではないが、新しい時代にはぴったりの戦略展開と自負している。だから続いているし、広がってもいる。

 

光田さんは11日の「人生講座」午後のクラスと、12日の「生涯学習」に参加された。別の目で見た意見は参考になると期待している。わが社のブランドの一つにも挙げられたが、実に多くの地域貢献のベースになっている。地域社会と企業の相関関係が、ビジネス展開に欠かせない要素になる。もはや上質の顧客には価格訴求のビジネスなど通用しない。

 

「人生講座」は5年、「生涯学習」は間もなく4年になるが、年間の開講回数は108講座に及ぶ。延べ参加人数は1000名をはるかに超える。会社の賑わいは同業他社には見られない。その実績をベースとして新たなビジネス展開が図れそうだ。多くの幸運に恵まれて成長の途にあるが、まだ独立採算には届かない赤子である。価値を上げるには今からが正念場。