日々雑感~デイリーメッセージ~

平成24年2月10日(№5531)  けやき大学の講座

けやき大学の講座

久し振りに公民館の高齢者大学(けやき大学)で話す機会をいただいた。以前は地域内の団体で生意気に取るに足らない経験談を披露していたが、最近は一年に一度くらい。滅多に及びが掛からなくなった。いろいろな活動がメディアに取り上げられると、どうしても控えめになる。今回は昨年「チャリティ講演会でお世話になっただけにあっさり引き受けた。

 

数年前に招かれたときは学生数も100名近く在籍していたが、現在は30名前後らしい。この日も申込者は10名程度と連絡があった。与えられた時間は2時間、テーマは「積極的に生きる」。正直なところ話の組み立てに悩んでいた。ところがほぼ満席の29名。人生講座や生涯学習のメンバーの応援? で賑やかな講座になった。担当者も喜ばれた。

 

用意したDVDは3本。新年に放映された「平和へのひと筆」、「継続は力なり、トイレ磨きは心磨き」、「親子農業体験塾」。資料は「親子農業体験塾・竹の子学園物語」、「ちょっととーく・地域版」、「フォーラム特集号」、「竹の子学園・第9期カリキュラム」。公民館行事では神経質なほど企業名の露出を嫌う。したがって資料説明抜き、すべて社名抜きで通した。

 

高齢者の役割と生き方を分かりやすく話した積りだが、果たして届いたかどうか。話の組み立てからDVDは3本すべて使った。映像は地域活動の意義と実践、社業や社員の宣伝を存分にしてくれた。締め括りは応援参加の三島清一さんによる「笑いヨガ」。参加者の頭をほぐし、心や身体を温かくしてもらった。高齢者にとって2時間は厳しい? 楽しい?