日々雑感~デイリーメッセージ~

平成24年4月21日(No5602)   ビッグスリーが同日に

ビッグスリーが同日に

4月19日は記念すべき日になった。ビップから同日に3通の大型封筒が届けられたからだ。滅多にあることではない。まるで祝ディリーメッセージ5,600号のプレゼントもどき。№5600のテーマは叔母の「奇跡の復活」、№5,601は竹の子学園がテーマの「復活劇が続く」、そして№5,602の「ビッグスリーが同日に」に続く。天から幸せが降り注ぐよう。

その一は「ひたすら まちを 美しく(二)」の発刊準備をしているが、鍵山秀三郎さん直筆による巻頭文の原稿が届いたこと。ご多用の日々を承知しているのだから、私事で頼みごとをするのは控えるべきだと心得てはいる。しかし、前号に続きどうしても欲しかった。それでつい甘えてお願いした。即、応えてくださった。謙虚な承諾文が添えてあった。涙。

その二は「ひたすら まちを 美しく(二)」の半分は、カフェ・Mランド」がリードされる「本通り清掃」のリポートだ。そのためオーナーの小河二郎さんに、ゲラ原稿を添えチェックをお願いした。(一)の題字は小河さんの揮毫によるが、思いがけず(二)のために練達の筆文字で再び書いてくださった。丁寧に包装された宅配便で届けられたこと。感激一杯。

その三は日本創新党党首の山田宏さんから、近著「世界の『楽市・日本』をつくろう」(日本よい国構想・PAT2)をプレゼントされたこと。封筒の宛名は自筆でサインまで添えてあった。東奔西走の日々から時間を使ってくださった。もったいない思いである。三つの大型封筒が机の上に重ねてあった。畏れ多いお三方のご好意をしっかり受け止めて、生かしたい。