日々雑感~デイリーメッセージ~

平成24年5月18日(No5629)   再び400万歩

再び400万歩

先々週「400万歩」について書いたばかりなのにくどいようで恐縮だが、現実に到達してみるとその喜びは隠し切れない。正確には400万歩に到達したのが5月13日の午前6時35分、周辺清掃の途中だった。後から考えるとアホのような話だが、万歩計の数字と時計の針を見ながらの掃除だった。たった一人でしみじみ喜びを味わった。「やっと…」の思い。

 

徒歩通勤一周年は翌14日、365日連続1万歩にも到達した。この一年間二泊三日の出張は一度だけ。中の1日は徒歩通勤にはならなかったが、朝夕で1万歩を歩いた。月に一度程度は一泊二日の出張があったが、そのときは朝会社に出勤してから新幹線に乗り、翌日帰ってから又出勤した。馬鹿げたこだわりであるが、目標を立てたらベストを尽くす思いだ。

 

おまけの意味もあったが一周年の日には、徒歩通勤を二往復した。加えて「顧客行脚」も行ない2万歩を歩いた。累計は4,028,633歩。後期高齢者の「虚仮の一念」としては見事だと、自分で自分を褒めてやりたい。それにしても健康とはかくも有り難いものか。いくら目標を定めても、誰よりも意志が強かったとしても、身体が動かなければ何もできない。

 

健康の源は食事にある。毎日の食生活が理に適っていれば、少しの風邪や腹痛などは自然治癒力が助けてくれる。①少食、②素食(粗食)、③咀嚼(よく噛む)が習慣になれば、健康は天が与えてくれる。明日のオレンジフェスタでは「がんから奇跡的な復活をした食生活」の話をさせていただく。もっとも私の場合、自らの意志ではなく、身体が食生活を決めた。