日々雑感~デイリーメッセージ~

平成24年8月26日(No5729)    解散風が吹き荒れる

解散風が吹き荒れる

8月23日の朝刊各紙の一面トップに「10月解散」「11月総選挙」の活字が躍った。報道の通りになるかも分からないし、ならないかもしれない。所詮、政治は国民のためにあらず、国会議員や政党の権力争いの道具でしかないと醒めた目で見ているが『中田ひろしと共に日本を良くする万縁の会(会長・鍵山秀三郎氏)』の会長代行を仰せつかって2年になる。

 

「さあ困った」。例年のとおり九州地区を皮切りに、各地で中田宏の講演会を開催するよう準備を進めている。只今のところ東奔西走中の超多忙を極める中田宏のスケジュールを押さえ、各地の講演会の日程を決めている。責任者、会場、チラシなど準備も進んでいる。10/20~21が松山市と高松市、10/27~28が広島県・呉市と島根県・益田市。

 

11/17~18が広島市と兵庫県・篠山市(調整中)。新聞報道の通りなら、すべての講演会の日程は、総選挙のど真ん中に巻き込まれる。まして中田宏は表面には出ていないが、政界再編のキーマンとして大切な役割がある。中田事務所から中止などの指令は届いていない。今のところ開催に向けて準備を進めている。思いがけない渦に巻き込まれ戸惑っている。

 

「万縁の会」は中田宏の政治活動を支える組織で総選挙とは直接の関係はない。しかし、スケジュールは大丈夫なのかなあ? 新聞は囃しているが多くの国会議員は解散を望んではいない。政界再編にはもう少し時間が必要だと素人として判断している。野田総理の日程、重要法案の成立、波が高い外交の諸問題。どう考えても政治空白は許されそうにない。