日々雑感~デイリーメッセージ~

平成24年9月27日(No5761)     自民党総裁選をライブで

自民党総裁選をライブで

民主党の代表選は間もなく倒産する企業の役員会のようだったが、自民党の総裁選は活気に満ちていて面白かった。政権党かと見紛うばかり。9月26日の午後1時から3時までライブで見ることが出来た。余りにも予測通りだったのではらはらする場面はなかったが、もっとも望んでいた安倍晋三さんが総裁に選ばれた。石破茂さんとの決選投票は読み通り。

 

下克上の石原伸晃さんが決選投票に残ると、安倍さんでも石破さんでも重荷を背負わされるところだった。これで派閥の領袖や古狸たちに余分な気を使わなくて済む。石破さんの地方票は思ったより多かった。その分、石原さんの票が少なくなった。決選投票の上乗せは安倍さんが54票、石破さんが55票。これは自民党が新しい道を歩み始めた証である。

 

いずれにしても石原さんは当分謹慎、石原さんを可愛がった古狸たちは一気に輝きを失った。次の内閣では安倍首相、石破幹事長がベストと予測しておいたが、当たりそうな気配である。野田佳彦代表、輿石東幹事長とは、貫目がまるっきり違う。対外的信用力も大幅にアップする。しかし、単独過半数を得たとしても、政権運営は荊の道が続く。

政治の世界は魑魅魍魎だからどのような展開になるか分からないが、内閣が変われば少なくとも今よりは良くなる。幼稚な醜態を見せた民主党には小沢一郎さんがいない。ねじれ現象は影を潜めるに違いない。安倍首相、中田宏官房長官の新コンビは、夢物語に終わるのだろうか。総選挙を経て自民、公明、維新の新しい第三極が誕生する。そうなれば一歩前進。