日々雑感~デイリーメッセージ~

平成24年9月29日(No5763)     新「ちょっと・とーく」

新「ちょっと・とーく」

生意気にも「読んで役に立つ木原伸雄のちょっと・とーく」と銘打って、ささやかな思いを書いて地域に伝えている。10年を超えるが予想外に好評で調子に乗って勝手な御託を並べている。今年75歳になり後期高齢者の仲間入りをさせてもらったが、中身はともかく外見は若返りつつある。その秘訣教えろという要望が寄せられている。おこがましくも…。

 

新しく「美しく元気に生きる」をテーマに書かせていただくことにした。手前味噌でしかないが、①姿勢が良くなった(腰が伸びた)、②皺が少なくなった(テレビの映像で確認)、③髪が増えた(散髪屋さんの証言)、④運動量が増え続けている(ウォーキングの歩数)、⑤毎日1時間の掃除が苦にならない(365日休まない)。これは第三者の証言も加わっている。

 

第1回は「若返りは不可能ではない」。今シリーズの特徴は机上の空論や理想論ではなく、己の実践を土台にして綴っている。プラスワンメッセージとして「若返りたい人は毎日歩く。365日続ける」を添えた。難しいことではなく、つましい食生活、適度な運動、最低限の社会参加、それぞれの実践例を紹介させていただきたい。「元気で、長生き、ピンピンコロリ」。

 

ベストセラーを続けている南雲吉則著「空腹が人を健康にする(一日一食で20歳若返る)」を読みながら、己の日々と照らし合わせ「その通り!」と頷くことばかり。20歳も若返るのなら何を犠牲にしても惜しくはない。家族に迷惑を掛けるかもしれないが、それは広い心で許してもらう。まずは実践の継続で成果を出すことにより証明したい。乞う、ご期待。