日々雑感~デイリーメッセージ~

平成25年2月26日(No5913)   中田宏、国会を変える

中田宏、国会を変える

第16回「中田ひろしと共に日本を良くする万縁の会」総会が無事に終わった。運営の責任者としては一年で一番ホッとする瞬間である。朝早くから皆さんにご苦労いただき「本部幹事会」「常任幹事会」「総会」「懇親会」と5時間の長丁場である。遠くは雪の秋田、福島、会津若松から、南は熊本、福岡、益田、高松からお超しいただいた。感謝でいっぱい。

 

鍵山秀三郎会長も万障繰り合わせてご出席くださった。4月から台湾、イタリア、ルーマニアと掃除、講演に出かけられる。超人的パワーには驚嘆するばかり。中田さんの基調講演を拝聴しながら、目頭が熱くなってきた。不遇なときも怯まず、阿ず、国政に復帰しても驕らず、慢心せず、高邁な理想に向って一直線。人間は、とくに政治家はかくありたいもの。

 

予算委員会のやり取りについても詳細な報告があり、なぜ野党でありながら賛成したのか、政治にはド素人の我々にも噛み砕いてひも解いてもらった。大臣の「前向きに検討します」の答弁を実効あるものにするには、さまざまな知恵比べがあるようだ。折角、5兆円もの予算を組みながら、年度変わりのために使えない。それを即使えるようにしたのはさすが。

 

よく「是々非々」というが、かつての野党は「非々」ばかりで不毛の論議を重ねてきた。中田さんが登壇してやっと国会論議らしきものになった。安倍首相も国のために尽くす思いは変わらない。もともと仲良しだったからという人もいるが、決してそうではない。国を思う志は立場は異なっても、一点の曇りもない。安堵しながら帰途についた。どっと疲れた。