日々雑感~デイリーメッセージ~

平成25年8月16日(No6084)   尊敬される大富豪に

尊敬される大富豪に

東京都でコンサルタント会社「未来クラブ」の金子充さんから毎週メルマガが届けられる。事業継承分野のオーソリティだ。コンセプトは「シンパイスルナ ナントカナル」。金子さんは70歳になったが、これから3年は第一線で働くという。金子さんが目指すのは、表題の「尊敬される大富豪」。大富豪の条件が奇しくも一致して嬉しい。目指すところは同じだ。

 

その条件とは、①お金持ち。無報酬で地域社会の為に働いても生活に困らない人。②知恵持ち。豊かな人生経験で蓄えた知恵を世の為、人の為に提供できる人。③時間持ち。世の中の人の為に使える時間を充分に持つ人。そんな人はいないと思うかもしれないが、資格者はまわりに溢れている。自己中も構わないが、旅立つとき誰も見送ってくれないと寂しい。

 

日本の高齢者(65歳超)は3千万人を超え、増大する人口層は40歳台に達した。7年後は50歳台、27年後は70歳台が中心となる。やがて扶養される人が扶養する人を上回る。そうなれば年金制度はもとより、国家そのものが破綻する。先のことも心配しなければならないが、とりあえず今のところ「尊敬される大富豪」になることだろう。その努力をしたい。

 

「尊敬される大富豪」は世の中を良い方向に変える力を持っている。「生涯学習・プラスワンステージ」を開講しているが、4人の常任講師は大富豪である。①~③の条件を具備している。その影響を受けて多くの人が大富豪への道を歩き始めている。振り向く人もいないささやかな活動だが、大富豪らが溢れると、やがて地域を、そして日本を変えるパワーになる。

 

選挙の投票率がもっとも高いのは高齢者層である。彼らの政治的意思表示が日本の政治を支え。「尊敬される大富豪」を増やす活動こそが、日本を良くすると考える所以である。