日々雑感~デイリーメッセージ~

平成25年9月5日(No6104)   お客様を獲得するコツ

お客様を獲得するコツ

山田智恵社員が担当する落合南3丁目~4丁目から、小工事が中心だが引き合いが増えている。もともと親身地域でファンは多かったが、今ひとつぼんやりして仕事には結びついていなかった。昨年入社した山田さんの担当地域になって動き始めた。要因はいろいろ。①丹念に続けた訪問活動。②素朴な人間性と明るい笑顔が高齢者に好かれる。③新型バイク。

 

10年前も同じ現象があった。6月に退社した山本麗子さんが担当した口田2丁目~4丁目は好感度地域ではあったが、川下だけに受注対応に苦労していた。と ころが山本さんはわずか一年で商圏のお客様を動かし始めた。要因はまったく同じである。プラス名前と顔を覚える特技を持っていた。年末のお歳暮清掃の戸別あいさつなどは圧巻で見応えがあった。

 

その5年前、田口智子さんが市内の分譲マンションのリフォームを攻略した。191戸のうち80戸まで施工した。しかも高額工事が大半だった。要因は同じ。①こまめな訪問、②明るい人柄と笑顔。対象は高齢者が中心だったが、現役時代に地位の高かった人が多かった。インテリやキャリアに好かれた。結婚式に多くのお客様が祝福に駆けつけた。珍しい例だ。

 

社歴や地域貢献、それに洒落た広報活動で①知名度、②好感度は他社を圧倒している。しかし、それが仕事に直結するとは限らない。最後は担当者の個人的な力による。この部分で男性は女性に勝てない。それぞれに特徴があり、それを生かす戦術の確立が急がれる。倉掛地区の山野幸恵社員の地域人気も根は同じだ。矢口が丘担当の大西由貴社員も楽しみだ。

 

遅刻しない、ズルで休まない、病気にならない、この三つを備えていれば、遅かれ早かれ才能が開花する。お客様に安心感を与える。休みがちな人間はビジネス社会で生き残れない。