日々雑感~デイリーメッセージ~

平成26年11月1日(No6526)   もったいない強行スケジュール

もったいない強行スケジュール

今週は夢拾いウォークに続き、新入社員採用試験(月)、人生講座(火)、竹の子学園農作業、夢拾い反省会、全体研修(水)、現場巡回、柏友会(木)、会津若松出張(金)、朝一番の新幹線で帰広、竹の子学園卒塾式準備(土)、第11期竹の子学園卒塾式(日)と続く。その間に毎日の掃除、社内業務、はがき書き、ブログが入る。最近は来信が多く、返信も一日20通を超える。

 

会津若松は「万縁の会・本部幹事会」だが、今年は横浜、福岡、会津若松と持ち回りになっている。初めての会津若松訪問だが東北の観光名所として知られている。東京より北へは滅多に行けないから秋を愛でるには絶好のチャンスだが、何としても前後のスケジュールがプライベートの我儘を許してくれない。会津若松の滞在時間が4時間でとんぼ返りとなる。

 

山陽新幹線・広島発午前6時、東京着が10時、東北新幹線に乗り換えて郡山へ。さらに在来線を乗り継いで会津若松へ向かう。午後2時着。4時間滞在して午後6時発で東京へ。最終の新幹線に間に合えばそのまま帰りたいところだが無理なので土曜日の公園清掃は休ませていただく。新幹線の往復ははがき書き80通を予定。人間の身体は丈夫に出来ている。

 

時間を忙しく使っていると、いつの間にか慣れて当たり前になり巧まずして有効に使えるようになる。はがきもかつては月間300枚目標で悲鳴を上げていたが、7月から600枚を超えるようになり、それが苦にならなくなった。300枚増に必要な時間は30時間。それが自然に何処かへ組み込まれているから人間の生活リズムはどのようにでも変わる。

 

人間の身体が仕事に追われながらどのように変化するか我が身を実験台にして興味深い。食べず、眠らず、休まずの効果。