日々雑感~デイリーメッセージ~

平成26年11月16日(No6541)   遅れる「フォーラム」の発行

 遅れる「フォーラム」の発行

広報誌「フォーラム」は季刊発行であるが、最近は遅れ続け申し訳ない。広報宣伝活動に折込チラシなど使わない会社の方針にとって発行の遅れは致命傷となる。今年は1月号と4月号こそ定期発行できたものの、7月号は一ヶ月遅れ、10月号はいまだに発行できないでいる。20数年も発行し続け商圏から高い評価を受けているだけに今更手抜きは許されない。

 

他社のようにプロに発行を委託すれば簡単だが、それは矜持が許さない。あくまでも手作りの素朴さは失いたくない。それに質も落としたくない。一回の発行はタブロイド版の6㌻だが、文字数に換算すると32000字になる。それを片手間にこなそうというのだからどうしても無理が生じる。ここにきてその皺寄せが一気にきた。しかし、言い訳は許されない。

 

編集、広告デザイン、印刷の折衝は今井さんが助けてくれている。専任ではないがプロの域に達している。販売の企画やイベントの企画など全体の意見を反映したいが、その時間が取れずどうしても独断専行になりがちだ。紙面の構成、原稿の執筆はすべて自分で行う。今のところ11月末の発行、新年号は1月中旬の発行を目指しているが、心配ではある。

 

編集の方針も会社のイメージアップはもちろんだが、今年からは個人の特性も合わせて販売する方向にシフトアップしている。同じことの繰り返しは許されず、常に進化することが求められる。消費者の志向、景気の動向も注視し、常に編集を変化させないと読まれなくなる。迎合することはしないが、地域をリードする気概を持ち続けなければ、仕事にならない。

 

ともかくベストを尽くしているので不満があるかもしれないが許してもらいたい。喜ばれる地域の情報紙を目指している。