日々雑感~デイリーメッセージ~

平成26年9月2日(No6466)   「三方よし」で幸せになる

「三方よし」で幸せになる

1日の時間の使い方は、前川さんの「朝一番!」リポートを参考にしている。ただ参考にしているだけで実践できている訳ではない。ただそうありたいと思っているに過ぎない。午前1時起床のサイクルに何度か挑戦したが、一向に長続きせずどこかにしわ寄せがくる。自分にベストの時間割りを作る。


本日は「三方よし」で幸せになる。社員も参考にしてくれる。


・誰でも自分や家族、親戚、友人、同僚など、比較的親しい人を優先して扱うことが多いでしょう。血縁関係にあるとか、気が合うとか、毎日顔を合わせるとか、同じ目的を持って努力している人たちに対して、思い入れ、愛情、好意を抱くのは当然です。おそらくほとんど無意識のうちに、家族や仲間をそれ以外の人たちよりも大切にしようとしています。


・しかし、仲間内を優先することで、それ以外の人たちと利害がぶつかることがあります。例えば混雑している乗り物の中で、家族や仲間が座る席を、多少無理をして確保したとします。家族や仲間を大切にするという意味では、いくらか道徳的かもしれません。しかし、割り込まれて座れなかった人たちには対しては不道徳な行為になっています。

・あるいは人種とか国家とかいう単位で考えると、問題は更に深刻です。自分が所属する人種を優遇し、それ以外の人種を冷遇するような政治を行えば、最悪の場合、紛争や戦争にまで発展してしまうでしょう。同じ人種の中で道徳的に思えても、冷遇された人間にとっては甚だ不道徳であると言えます。


・真の道徳においては、自分も、相手も、さらに第三者も幸せにする道を探っていくことで、みんなが幸せになるのです。