日々雑感~デイリーメッセージ~

平成27年1月7日(№6593)  ブログ「せいちゃん堂」にお別れ

ブログ「せいちゃん堂」にお別れ

2009年6月9日にスタートした掃除畏友・三島清一さんのブログ「せいちゃん堂」が12月31日終了した。ブログの運営会社の都合による。5年半も続けられたが、その間一日も休まれなかった。私も経験しているが続けることは並大抵の苦労ではないが、圧倒的に楽しみが多かったのではないか。ファンも多く常に検索のベストテンに入り、トップもあった。

 

毎朝出勤するとまずは自分のブログのアクセス数を確認し、次いで「せいちゃん堂」を訪問するのが楽しみだった。他にアップする方法もあるが、この機会にやめると宣言。勿体ないし、何よりも朝が寂しい。毎日のアップは簡単ではないし、アクセス数を増やすには内容が上質でなければ見捨てられる。ものの見方、考え方、表し方、センスなど求められる。

 

三島さんは特異な才能と探究心の持ち主であり、八十路を超えてもなお未知の分野に挑戦した。「人生設計」の講師の資格、「生涯学習」の常任講師、公民館など派遣講師、「笑いヨガ」の資格を取り地域で指導、さらに旅行愛好者である。ネタに困ることはないと思うが、毎日ともなればそうはいかない。感性を磨き、かつ若返り続けねばならない。努力は怠れない。

 

心配なのは生活のリズムが壊れることである。取材、原稿書き、画面の構成、PCへのアップなど半端な時間ではない。それがそっくり抜けることになる。穴埋めをどうされるのか。一旦生活に馴染んでしまうと不要になった時間の過ごし方が難しい。多才な三島さんのことだから、傍から案ずることもないように思うが。できればどこかで復活して欲しいものだ。

 

自分の生き方を世に問うて新しい交流を求めることは、人生の彩りに欠かせない。生きている限り永遠に終わりはない。