日々雑感~デイリーメッセージ~

平成27年6月14日(№6751)  ポジティブ川柳

ポジティブ川柳

今年もサラリーマン川柳コンクールのベストテンが発表された。相変わらず皮肉ったり嘆いたりネガティブな句が多い。

 ①皮下脂肪 資源にできれば ノーベル賞

 ②湧きました 妻よりやさしい 風呂の声

 ③怪怪か ヨー出るヨー出る 妻の愚痴

思わず微苦笑する句ばかり。すべてが身につまされる。

 

畏友の塚本恵昭さんは、毎月一回「暁鐘」と題した一人新聞を発行しておられるが、6月号は121号になる。10年を経て11年目に入った偉大な積み重ねである。今号は川柳について薀蓄を傾けておられた。紹介したい。『私も川柳は好きですが、むしろ皮肉ったり暗いものより、前向きで肯定的な川柳が好きです。かつて「暁鐘」紙に掲載した句を紹介します』。

 

 ①喜べば 喜ばれると 気がついた

 ②他人より 自分説得 すると楽

 ③朝が来た だれも自分の 新記録

 ④富士山を ふさがぬように 干す工夫

 ⑤よい紙面 えらび冬物 包む妻

 ⑥マドンナも よいしょと座る クラス会

 

 ⑦精力は なくて性欲 ある矛盾

 ⑧腹だけは まだ立つのねと 笑う妻

 ⑨楽チンよ あきらめ癖を つけちゃえば

 ⑩まあでもね 良いことならば いいんだよ

 ⑪あれほどに ツライことでも 思い出に

 ⑫幸せは なるものではなく 気づくこと

 

「詠み人知らず」「無断掲載」である。塚本さんには事後承諾をいただく。正直言えば川柳は「ポジ」も「ネガ」も楽しい。