日々雑感~デイリーメッセージ~

平成27年6月28日(№6765)  隣町の市長選挙

隣町の市長選挙

親交のある小村和年・呉市長から電話が入った。来月は「呉市を元気にする会」でお目にかかる。大小あわせて幾つかの行政トップとお付き合いがあるが、小村さんのように実行力のある右顧左眄しない人は珍しい。要件は広島市の隣にある廿日市市の市長選に若い人が立候補するから、支援してやって欲しいという依頼だ。私にそんな力はないが了解した。

 

尊敬する小村さんの依頼であるから無条件に受け入れるのは当たり前のこと。とんとん拍子に話が進み、その日の午後には本人が奥さんと会社を訪ねてくれた。その熱意とスピードには圧倒された。40歳そこそこの若手で謙虚な姿勢に好感を持った。もともと選挙運動はしないことに決めており、広島市議会や県議会にもノータッチを通している。その力もない。

 

現在政治に関わっているのは「中田ひろしと共に日本を良くする万縁の会」のお世話役をしているのみだ。尊敬してやまない鍵山秀三郎会長の引退に伴い指名を受けたものだ。そのあたりの買いかぶりでお鉢が回ってきたのかもしれない。ともかく小村さんの依頼と合わせ初対面の好印象もあり、微力を尽くすことに決めた。政治はやる気のある若手に限る。

 

とりあえず中田宏さんにご支援をお願いしたいと思っている。これまでも呉市、益田市、防府市などの各市長選挙では手厚い応援をしてもらった。とりあえず対面する機会をセットして意見交換してもらう。中田さんのおメガネに叶えば応援してもらうことにしたい。個人的には廿日市市の知人たちに後援会に入っていただくよう依頼することから始めたい。

 

年寄りたちのいい加減な政治にはうんざりしている。やはり清新な若い人の志に期待するのが日本を良くする近道だ。