日々雑感~デイリーメッセージ~

平成27年7月13日(№6780)  創業20年友を祝う

創業20年友を祝う

大阪の経営コンサルタント業「AМI」の代表栩野正喜さんが、7月4日、創業20周年を迎えられた。赤い花をお届けしてささやかなお祝いをした。栩野さんは6月にマルコシを訪問し、社員の皆さんに研修をしてもらった。平成6年4月から半年間、大阪の船井総研が主催する「経営コンサルタント養成学校」で学んだ学友である。あっという間の20年。

 

栩野さんはトヨタ系の販売店から、系列のIBМ特約店に移籍したとき船井の学校で学んだ。第一期生の皆さんがどうしているか分からないが、栩野さんとはどういう因縁があったのか唯一人、20年を超えてお付き合いがあり学ばせてもらっている。特に日曜日の朝お届けする「ディリーメッセージ」には関心を示され、その日のうちに感想文が届けられる。

 

船井の学校には高価な授業料を払い大阪まで月に4回も通ったが、内容的には得るものは少なかった。それでも各地の企業で講演したり、船井のスクールでも講師をさせてもらった。コンサルタントになる目的ではなかったが、企業の経営者としてコンサル的な能力は必要だと考えていたから、その分ではプラスに…。総帥の船井先生から激励の色紙を頂戴した。

 

栩野さんは簡単に創業20年というが、他人には伺い知れない苦労を重ねたと思う。船井の客員コンサルタントなどという肩書きはどこにも通用しない。一流企業から独立するには相当の心の葛藤があったはずである。それでもなお損の道を選んだことに敬意を評したい。目の前に損と得の道があったとき、損の道を選んだ人は必ず成功する。損は心を鍛える。

 

奇しくも栩野さんは創業20年、私は50年を同じ年に迎えた。常に30年の先輩として恥ずかしくない生き方をしたい。