日々雑感~デイリーメッセージ~

平成27年9月21日(№6850) 安保法案、参院特別委員会で可決

安保法案、参院特別委員会で可決

9月17日夕、参院平和安全法制特別委員会は、集団自衛権の行使を認める安全保障関連法案を与党など五党の賛成多数で可決した。国会で少数の議席しか持っていない野党連合は早いか遅いか法案が可決されることを承知で騒いでいる。断続的にテレビ中継をライブで見たが、これが日本の最高議決機関の姿かと思うと、先進国と威張っていても恥ずかしい。

 

メディアは面白おかしく伝えるが、世界の人たちも同時中継で見ている。是は是とし否は否として正しく論評できないものだろうか。バタバタしているから「平和安全法制整備法案」と、他国軍の後方支援に関する新法「国際平和支援法案」がいつのまにか賛成多数で決まった。自民、公明の与党に加えて日本を元気にする会、次世代の党、新党改革の野党も賛成。

 

さらに茶番劇を続ける野党は参院で関係閣僚の問責決議案、衆院に内閣不信任案など上程し時間稼ぎを図る。くどいようだが野党は議席が少ないのだから、どのように抵抗しようが民主主義国家では成立する。他の議員の背中を踏み台にして小西議員などは大奮闘したが、騎馬戦まがいのパフォーマンスを選挙民が許すとも思えない。野党は益々議席を減らす。

 

デモを応援しても国会で暴力まがいの大奮闘をしても、民主党の支持率は二桁にならずさらに低下している。このままでは来年の参院選で野党連合は惨敗する。野党の大嫌いな安倍独裁政権が続く事になる。やっつける政党の支持率が下がり、やっつけられる政党の支持率が上がるということは、民意は奈辺にあるかを物語っている。国民の多くは反対していない。

 

シルバーウィークが過ぎても野党のエネルギーは燃え続けるだろうか。小西議員は張り切ってデモをリードしているか。