日々雑感~デイリーメッセージ~

平成28年10月10日(№7117) 不正を犯し続ける

不正を犯し続ける

三菱自動車が自社の商品に不正な評価をし、反省の体制が整わないうちに次の不正を行うということがあった。他のメーカーも似たようなものである。富山市議会では議員立が不正をやり続け、格好がつかなくなって相次いで辞職する羽目になった。東京都では豊洲新市場への移転に関し、六千億円も使いながら、知事も幹部も知らないことが運んだという。

 

深夜に及ぶ都議会委員会が報告されたが、直接の責任者である市場長は「責任は感じている。申し訳ない」と陳謝した。どこからか「答弁になっていない」とヤジが飛んだ。申し訳ないというものの、どのように責任を果たすのか答えていない。小池知事が「歴代市場長は退職者も含め、責任を明確にする」と述べている。ハンコを押している幹部も同様だ。

 

最近は大人も子どもも見つかったときのことを考えないで簡単に嘘をついてしまう。企業犯罪も政治家犯罪も、それぞれの人格や資質を備えた人が少なくなってきた。これではいい政治も出来ないし、真っ当な企業も育たない。スポーツの世界にも犯罪者が増えている。ロシヤなどは平気で協定に違反し、出場停止になれば大統領が声高らかに非難する。

 

これらは人間が本来持っている「恥の文化」を忘れてしまったせいだろう。いつのまにか人間の能力だけを評価し、人間性を軽視する。これらは教育の質の低下でしかない。日本人はもともと「人に見られて恥ずかしいことはしない」と教えられてきた。それがいまなくなっている。早く何とかしないと罪を犯す人は増え続ける。まずは自分から正すことだ。