日々雑感~デイリーメッセージ~

平成28年11月30日(№7168) なすべきこと

なすべきこと

今回の治療は順調に進んでいる。頭は痛くないか、吐き気はしないか、身体はだるくないか、キチンと歩けるか、などと質問を受けるが、今回の治療は前回に比べると順調のようで体力の衰えは感じない。これなら会社に出勤しないだけで日常の仕事は出来る。大したことはしていないが顧客への誕生日カード、お客さまへの礼状、デイリーメッセージのアップ。

 

早速岡元、今井と打ち合わせ、資料を定期で病院まで持参をお願いした。デイリーメッセージも二週間お休みと伝えていたが、この調子なら継続できるような気がする。本日ハガキの宛先、受信はがきなど届けられる。スピーディーに進めるこれがビジネスのコツである。お客さまへの礼状は①相談、②見積もり、③契約。お一人様に三通の礼状が届くのである。

 

いまのところ後追いだがもうすぐ追いつく。そうなればしめたもの。フォーラム新聞の原稿も急ぐ。一月号は年末に発行するからゆっくりしていられない。一面には主要建築材である「松」について書く。前回は「杉」について薀蓄を傾けた。次号は「檜」を予定している。二面にはマルコシの一年間のイベントスケジュールを掲載する。さらに三面、四面と続く。

 

三面はイベントの報告。「東日本復興震災」「夢拾いウォーク」それに「現場見学会」の報告と続く。こうした仕事は放っておけばそれで済まないことはないが、小さな手抜きは大きな穴をあける。やがて衰勢になる。日々現場で業務に従事しているものは俯瞰が苦手である。黒子でいるものが細かく注意して蟻の穴を空けないようにする責任がある。暢気ではない。