日々雑感~デイリーメッセージ~

平成28年5月27日(№7001) オバマ大統領、広島へ

オバマ大統領、広島へ

安倍首相に出迎えられたオバマ大統領は、献花を終え静かに世界へ語り始めた。穏やかではあるが明確な言葉は、現場に居合わせた人もテレビの前で目を凝らせて人たちも感動した。平和記念公園で行った演説の一部を紹介したい」。

 

「71年前の雲一つない晴れた朝、空から死が降ってきて世界は一変した。閃光と火の壁が町を破壊した。そして人類が自らを滅ぼす手段を持ったことを明示した。

 

なぜわれわれはこの地、広島にやってくるのか。そう遠くない過去に放たれた恐ろしい力について思案するために来るのだ。10万人以上の日本人、数千人の朝鮮人、10数人の米国人捕虜を含む死者を悼むために来るのだ。彼らの魂は私たちに話しかける。(中略)

 

広島と長崎に残酷な結末をもたらした世界大戦は、もっとも豊かでもっとも強い国々の間の戦いだった。彼らの文明は、世界の偉大な都市や素晴らしい芸術を生んだ。その思想家たちは正義と調和の真実についての考えを進展させた。(中略)

 

世界はここで永遠に変わってしまった。しかしきょう、この街のこどもたちは平和に1日を過ごすだろう。それは何と貴重なことか。それは守るに値することであり、すべての子どもがそうあるべきだ。これこそわれわれが選択できる未来だ。広島と長崎が核戦争の夜明けとしてではなく、私たち自身の道義的な目覚めの始まりとして知られる未来だ」。(終り)

 

17分間の知的で穏やかな演説だった。全文は新聞に紹介されるだろうが、ライブの感動には届かない。被爆者の訴えに耳を傾け、感動のハグまでプレゼントした。短い時間に多くの気配り。日本と米国の絆は一段と強固になったのではないか。