日々雑感~デイリーメッセージ~

平成28年8月22日(№7068) やっと退院できた

やっと退院できた

不用意な行動が災いして20日間の入院。やっと小康状態になり8月20日に退院できた。昨年12月6日に心筋梗塞で安佐市民病院に救急搬送されて5度目の入退院だ。1回目は12/6~今年の1/8まで。2回目は1/25~2/12。3回目は4/4~4/16。4回目は7/20~7/30。5回目は8/2~8/19。1回と5回は心筋梗塞。2~4は肝臓がんの治療。

 

すっかり病院と馴染みになったが正直なところここまで体力が落ちているとは思いもしなかった。特に心臓については強いと信じていただけにショックだった。かつて検査を受けたときに担当の医師から大丈夫とお墨付きをもらった。老いれば衰えるのか。肝臓がんについても驚きだった。定期検診も受けていたし腫瘍マーカーにも出ていなかった。それなのに。

 

肝臓がんは直径85㍉の巨大なもの。主治医の判断によって抗がん治療を施すことになった。腰の動脈からカテーテルを挿入し、抗がん剤をがん患部に注入する。3回の治療で大半は退治できたが難しい小さな患部が残った。これからの治療をどうするかは主治医が考えてくれる。いずれにしても簡単には治癒しない。長いお付き合いになる。次回は10月。

 

4回目の退院をして翌日、なすの収穫や草取りなどで炎天下の農作業をした。これは無理筋だった。翌日は大きな葬式に参列し、1時間半もテントの下にいた。それほど衝撃はなかったものの退院直後の2日間は健康な人でも無理な暑さだった。身体は正直だ。さっそく天罰を食らった。再び救急車のお世話になって入院。心不全、肺炎、胆管炎症の病名。