日々雑感~デイリーメッセージ~

平成28年9月2日(№7079) モノに愛情を注ぐ

モノに愛情を注ぐ

毎年9月は期末になるが、ぼつぼつ新しい期の計画が必要になる。安倍内閣は相変わらず人気が良いが、地方や零細企業には恩恵が届かない。2020五輪のため一極集中になり、多くの人が喜ぶ経済政策が打てない。景気などを頼りにしているとやがて立ち行かなくなる。何といってもビジネスは自主自立だ。自らの能力を磨いて結集してこそ成り立っていく。

 

メジャーリーグのイチロー選手が、小学生の「どうやったら野球が上手になりますか?」の質問に対して「バットやグローブなどの道具を大切にすることだよ」と答えたというのは有名な話だ。ビジネスも同じだ。ビジネスに必要な何もかも大切にすることで商売は繁盛する。何よりもお客様を大切にする、販売する商品を大切にする、働く人を大切にする。

 

お客様に愛情を注がないと何事も好意的に受け止めてもらえない。お客様のお役に立つことはどんなことでも素早く丁寧におこなう。特にリフォームは暮らし方ばかりか財産づくりにも役に立つ。それだけに手抜きは許されない。どんな小さなことでも丁寧に取り組む。こうしたことでお客様は担当者を信頼する。信頼の上のやり取りは何でもうまく行く筈だ。

 

新しい期の計画は実現可能でなければならない。計画もモノと同じだ。丹念に愛情を注ぐことにより動いてくれる。くどいようだがお客様に愛情を注ぎ、商品に愛情を注ぎ、職人さんたちに愛情を注ぐ、それらの積み重ねが仕事の成果を丸く収め、お客様の輪が広がる。つまりお客様がビジネスの一端を担ってくださる。こうなればしめたもの、輪が大きくなる。