日々雑感~デイリーメッセージ~

平成28年9月28日(№7105) 最後までやり切る力

最後までやり切る力

久しぶりに敬愛する市信用の理事長が立ち寄られた。変わらぬ大声には勇気がいただける。入院中は見舞いに来ていただいたり、心を使って下さる。本日は「無理をしていないか」との確認である。無理をせずぼつぼつやっていますとお答えした。無理かどうかは別として何事も自分で決めた通り実践している。ともかく最後までやり切る、それが一つの生き方だ。

 

さほど難しいとは思わないが、多くの人たちは翌日送りにしているようだ。やろうとすれば出来るのならこれほど簡単なことはない。「やる気があればできる」ほどやさしくはない。決意と行動の間には「どう行動するか計画を立てる」というステップが不可欠だ。「最後までやる切る力」には明確なスキルがあり、身に付くまでは繰り返し実践する必要がある。

 

健康でないから自身の管理は厳しくやっている。テレビ時間が少ないから、曜日の管理をしなくて済む。午後9時にはベッドに上がる10時には睡眠に入る。4時間したらトイレのために目が覚める。はがきなどはそのときに書く。また眠る。午前5時半には散歩に出かける。その間に1日のなすべきことを計画する。土曜も日曜も休日もない。365日稼働する。

 

意志に頼らないでやり切るにはどうするか。繰り返し実践して一つの習慣にすればよい。そうすれば意志とは関係なく目が覚め、そして身体が動く。一つずつやり切ることで、力が自然に付いてくる。最初は多少無理するようだが、一度身に付いたら一生使える。習慣さえ身に付けば、朝目覚まし時計も要らないし、極めて楽チンだ。しかし、病には勝てない。