日々雑感~デイリーメッセージ~

平成29年12月29日(№7522) 安倍政権五年

安倍政権五年

安倍さんの首相在籍日数は、佐藤栄作さん(2798日)、吉田茂さん(2616日)に続き第三位となる。国政選五連勝で築いた「安倍一強」体制で、政治の意思決定は迅速になった。しかし、首相の意向を忖度するような行政の硬直化も見られる。18年9月に三選されれば任期が21年9月まで延びる。三選間違いないと思うが、国民のために何が出来るか問われる。

 

10月の衆院選で予想外に圧勝したため、政権長期化の緩みが至るところに見えるという評判もある。アベノミクスの名のもとに、一億総活躍、働き方改革、人づくり革命など目玉政策を次々掲げ、政権の意志を明確にした。数字の上では目立った部分もあるが、具体的に国民の幸福につながっているかといえばそうは言えない。逆にマイナス部分が多いようだ。

 

安倍内閣の支持率は60%から50%に下がったが、それでも過半数を得ているのは立派。幸せではないが不幸せではないという意思表示か。ニコニコは株価10395円→22725円、GDP494兆円→539兆円、税収43,9兆円→59,1兆円、有効求人倍率0,83倍→1,55倍、訪日外国人旅行者836万人→2404万人、まずまずは消費者物価指数と労働者賃金。

 

しかめっ面は長期債務残高932兆円→1108兆円、新生児数103,7万人→97,7万人、生産年齢人口8018万人→7656万人、このしかめっ面部分は解消の見込みが薄いだけに辛いところ。残るはデフレの解消と憲法改正だが、平和ボケした国民の関心は低い。天皇の譲位と新天皇の即位、オリンピックの成功は国民的関心が高いだけに成功必須である。