日々雑感~デイリーメッセージ~

平成29年12月30日(№7523) お歳暮清掃

お歳暮清掃

毎年12月29日は、20年来の「お歳暮清掃」の日である。弊社ではお客様に「お歳暮」「お中元」は商品でしない。かつては工事をさせていただいたお客様に、石鹸や手拭をセットしてご挨拶していたが、他社のビールやハムなどに比べて見劣りがする。さりとて高価な品を贈るほどの余裕はなく、辛い思いをしていたものだ。知恵で「お歳暮清掃」が生まれた。

 

今年の稲穂に挨拶状を付け、担当者が門前清掃をさせていただくご挨拶をする。一昨年までは親子農業体験塾のついでに栽培していた白ネギを添えていた。年間200件くらいの工事をさせていただくから、向こう三軒両隣の道路清掃をすると午前8時スタートで午後5時頃まで掛かる。時にはコーヒーをサービスしてくださるお客様がある。お土産もいただく。

 

趣旨に賛同して下さった伊勢の畏友から、おいしい「豚まん」が届けられる。休憩時間に公園で有り難くいただく。すっかり地域に根付いて人気がある。しかし、竹箒を使っての正味8時間の掃除は身体に応える。午後になるとぐったりする。しかし、みっともない姿は見せられない。ともかく最後までやり通す。ささやかなことしか出来ないがいい迎春になる。

 

掃除が終わると車を洗いゴミを片付け仕事納めとなる。残るは社内の忘年会のみ。しっかり飲んで、食べて、新しい年を迎える。新春は1月6日が仕事始め。初詣を終えて会議をする。7日は日曜日、8日は成人の日で連休。比較的のんびりした新春になるが、社屋周辺の清掃は1日も休まない。掃除は命のようなもの。365日、掃除に休みはない。元旦開始。