日々雑感~デイリーメッセージ~

平成29年3月28日(№7286) 新人を追い込まない

新人を追い込まない

週末は4月に入り新人が入社してくる。四大卒の男子一名と専門学校卒の女子1名、計2名である。これまで毎年のように新卒を採用しながら、長く続かず或る日突然いなくなる。採用活動には安くない費用と少なくない時間が掛かる。来季の求人活動も続けているが、ますます人手不足になりなかなか具体的な話にならない。採用の進め方にも問題があろう。

 

新人にはインストラクターを付けると、日々の仕事が落ち着くと教わった。日常業務における指導者には、新人より少し経験のある方がふさわしいという。ベテランの幹部になるとこのくらいのことは分かっているだろうと省略しがちだ。立場や経験が近いほど新人は安心するらしい。これは決して甘やかすということではない。分かりやすく伝えるということ。

 

ベテランの人たちはともかく会社を維持する仕事に専念すること。若いもの同士では失敗もあるだろうが、お客さまの損失にならないように広い目で見ることが大切。実際に新人社員というものはかったるいもの。そんなもんだと忖度して扱えば新人も縮こまったり、極度の緊張はしないものである。失敗の原因を作るのは、往々、ベテラン社員であることが多い。

 

4月1日は土曜日であるが入社式があり、社内のしきたりや決まりごとなど伝える。新しい週に入ると会社の仕事や新人の諸々を学ぶ。何事も初めてのことだから迷いは多いと思うが、就職は一つの縁だと思い観念することも大切だ。私も新人教育は長年携わってきたが、続くか続かないかは教育よりも周りの先輩たちの心得に尽きるだろう。謙虚でありたい。