日々雑感~デイリーメッセージ~

平成29年7月10日(№7390) 久し振りの学校トイレ磨き

久し振りの学校トイレ磨き

梅雨と台風の合間に恵まれて、地域の中学校の「ぴかぴかボランティア活動」に参加できた。昨年は直前に台風が荒れて中止になったばかり。先週の中学校のトイレ磨きも登校中止のため、今年はご縁がない。原爆記念日の8月6日は日曜日で学校がお休みのため、平和学習は中止となった。一部の子どもは喜んでいるが、折角の記念学習が中止とは情けない。

 

「ぴかぴかボランティア活動」は午前8時からスタート。生徒の参加はもちろん、保護者の参加も少ない。クラブ活動の生徒たちが声掛けしているようだが、もう少し保護者も教員も協力すればよろしかろう。私たちはトイレ磨きの指導だが、クラブの生徒たちは優秀で取り組み姿勢もキビキビしている。掃除イベントは開会式、閉会式を含めて2時間が予定。

 

生徒は14人ずつ6班参加。おおよそ3分の1の参加である。自主参加だけにおかしな生徒はいない。全員が無駄な動きがなくキチンと掃除出来た。予想外に汚れた便器は白くなったし、床、壁なども見違えるほどになった。トイレ磨きの習慣がつき、汚さない、掃除は毎日行う習慣がつけば、中学生の行動も変わってくる。全てが良くなるのだが教員はしない。

 

今回は2階のトイレが担当だったが、歩行が楽でない日々のため階段を上がるのが辛い。しかし生徒の前では体調や年齢に関係なく、毅然とした態度を取らねばならない。老体には厳しいが、何はともあれ我慢がいちばん。ともかく閉会式までやり終えた。子どもたちの役に立てばうれしい。元気なときほど厳しい指導が出来ないのが悔しい。元気になりたい。