日々雑感~デイリーメッセージ~

平成29年9月26日(№7428) 選挙近し

選挙近し

市議会議員の改選が来春に迫り、ぼつぼつ尻に火がつきそうになって議員さんたちは再選に向けて始動している。数名の議員は市政報告などまとめてポストインしているが、大半の選良は選挙民など無視。国会もそうだが県議も市議も市民のことなど構ってはいない。市政報告はA4カラーで6ページもの、なかなか読み応えがある。しかし、ポイント外れだ。

 

選挙区は住宅街であるが、一歩奥に入れば農業が多く大半が消滅寸前の過疎地域である。全校生徒8名という廃校寸前の小学校もある。住宅街の空き家も多く「まち再生」も簡単ではない。高齢化率も多い地域では40%を超え、全体でも28%になる。市政報告を見ると「安全・安心・快適な暮らしを実現するために」と題し、主要な改善点がカラー写真で報告。

 

12ケ所の報告があるが、前後写真ともすべて道路の修繕である。アスファルトの割れを補修しても悪くはないが、他にもたくさんの問題はないか。廃校の後処理はどうするのか、雑草に覆われて田や畑は放置するのか、高齢者の地域活動に手助けしないのか、公園や道路、それに住宅街の清掃はどうするのか。何もかも市民に任せっ放しでは、身動きできない。

 

たくさんの議員が選出されているが、大半は有権者になんの報告もしない。する者でもこの程度のもの。これでは決して町の暮らしは豊かにならない。ボランティア活動は結構盛んだが、これらに議員は振り向きもしない。市の隅々まで知り尽くして行政に反映しなければならない立場の人間が、まさに知らぬ顔ではどうにもなるまい。でもいい人は出ない。