日々雑感~デイリーメッセージ~

平成29年9月5日(№7407) 新・人生講座が新しいクールに

新・人生講座が新しいクールに

昨年10月にスタートした「新・人生講座」が、ようやく12回を経て終了した。以前NHKで人気を博した「プロジェクトX・挑戦者たち」を教材にした講座である。第1回の「厳冬 黒部ダムに挑む」からスタートし、第12回の「天才歌手『ひばり』の歌を守れ」と題した東京ドームのラストコンサートを成功させた裏方たちの努力を描いた作品である。

 

メンバーは男性だけの少人数であったが、一つ一つの作品に感動した。当番の者がそれぞれの作品を研究し、ポイントを述べ合う。時には涙する時もあった。86歳のメンバーは「年齢を重ねると本も読めない、何かすることもおっくうになる、集まって少し勉強し、語り合うのが楽しみだ」と喜んでいた。毎月1㌔の道を歩いて参加する。それが生きがいのようだ。

 

良く1年も続いたのでエンドも悪くないと思ったが、月に一回の楽しみは貴重だとの意見を採用し、さらに1年継続することに決定した。新しい教材は、一億二千万人の映像「昭和ニッポン」と決まった。一巻が50~60分の作品だから、意見交換の時間が40分取れる。贅沢を言えばキリはないが、意見交換には十分の時間だ。高齢者が楽しめるよう準備する。

 

手元には14巻しかないが、全体では24巻の大作である。2005年の発行であるが、残りの14巻が現存しているかどうか分からない。出来れば探し求めて「昭和ニッポン」の全体像を学びたいものだ。24巻が全てそろえば、月に2回は開講して少しでも時間を縮めたい。無理だとは思いながらも新しいことを始める。それがエネルギーとして若さになる。