日々雑感~デイリーメッセージ~

平成29年10月16日(№7448) 決算激励会

決算激励会

例年の通りであるが、今年も「決算激励会」が開かれた。なぜ激励会というのか、それは前期の決算がすべて目標に未達だったからである。文句を言っても始まらないし、「激励」が良いと思い勝手につけた。何故未達になったのか、それが全員にどのように理解されているか分からないが、原因を突き止め改善しないと新しい期はもっと惨憺たる結果になる。

 

利益の数値は赤字すれすれだから、言い訳もできないし賞与や昇給もない。当然、表彰されるほどの優秀社員がいないのは仕方がない。不振のときは全員が責任をかぶるべきだろう。ところが役員以外は全員が「皆勤賞」の対象となった。一度も遅刻をしなかった。早退もしなかった。病気は我慢したのか休まなかった。こういう会社は全国に見当たらないだろう。

 

勤勉は何よりも会社の宝である。早朝掃除の姿を見る地域の人は称賛する。それでは何が足りなかったのか。できることなら「前向き」がいい。新しい価値を創り出すこと、何かを生み出すこと、想像するだけでワクワクするようなこと。そんな仕事に取り組むと面白い。前向きになれる。今の勤勉さに前向きが加われば、ビジネスの数値も上るのではないか。

 

仕事は面白くしなければならない。あれこれ人の批判をしても何も始まらない。人のミスは素知らぬ顔でカバーしてやって、とにかく前向きにチャレンジして仕事を楽しむこと。そうすれば数値は一気に回復する。そうすればなお楽しくなる。「心配性であれば先見の明が育つ」「苦しい仕事は誰もやりたくないものだ」。さて新しい期が楽しみになる。暗い顔はなし。