日々雑感~デイリーメッセージ~

平成22年12月16日(No5110)  またしてもピンチを凌ぐ

またしてもピンチを凌ぐ

講座が一ヶ月空くのは何とも寂しいと複数の方から伝えられた。嬉しいご要望ながらアイデアが浮かばなかった。「論語に学ぶ⑫」を11月30日に終えたばかり、師走は誰もが心忙しいとき。その上、原稿がアマチュアとしては重なりすぎた。スケジュールも10日が「竹の子学園・感謝会」、そのまま最終新幹線で横浜へ。11日の「万縁の会・役員会」に備える。

 

15日は地域の講演を請けていた。この週は雑誌の連載が2本、フォーラム新聞、ホームページのリポート20本。文字数にすると2万4千文字、4百字詰め原稿用紙で60枚。他にはがき返信が約百通、いずれも手抜きは許されない。「人生講座」は第2、第4火曜日が定例。そうなれば14日しか使えない。講座の最中に突如閃いた。窮すれば通ず。

 

午前と午後クラスの一緒の昼食会。それもお客様ルームの囲炉裏テーブルを活用すれば、最小の時間ロスで済む。食材は持ち寄り、囲炉裏を囲んで歓談しながら食事をする趣向。準備や当日のもてなしで社長と専務には迷惑を掛けたが、結果オーライ。食べ物はつましいが心はリッチ。おまけに論語の章句を朗誦し、「論語に学ぶ」の感想まで語ってもらった。

 

前半と後半のけじめを付けるカタチで社長が謝辞を述べ、食事が始まった。「もてなし亭主」も社務めてくれた。アルコールはないが忘年会そこのけの盛り上がりよう。政治、経済、歴史、地域活動と話題は尽きない。いつものように思いつきの連続だから回りは迷惑千万。格好をつけてはいるが、いつも周囲に助けられてピンチを凌いでいる。今回も大成功!