日々雑感~デイリーメッセージ~

平成22年12月26日(No5120)  2010年十大ニュース(読売時事川柳より)

2010年十大ニュース(読売時事川柳より)

①「抜かりなく 民主の隙をつく チャイナ」「中国製 海でも渡る 横車」「守秘よりも 義憤に燃えた 勇み足」。尖閣諸島沖で中国漁船が海保      巡視船と衝突、歩阿寒がビデオ流出。

②「研究の 拠点が日本に なる日いつ」。ノーベル化学賞に根岸氏、鈴木氏。

     ③「行政へ 牛が教える 危機管理」。宮崎で口蹄疫が発生。

④「30度 涼しいねぇと 言う異常」。113年間で最も暑い夏と気象庁が発表。

⑤「ツートップ 替えて様子を 見る民主」。鳩山由紀夫首相退陣。後継に菅直人副総理。

⑥「はやぶさが 二位ではダメねと 言っている」。小惑星探知機・はやぶさ帰還。

     ⑦「国民の 仕分けに民主 絶句する」。参院選で民主大敗。

⑧「相撲には 負けて野球で 勝ちました」。野球賭博に関与で大関琴光喜ら解雇。

⑨「検察の 検察が要る 法治国」。大阪地検の特捜部検事ら逮捕。

⑩「ブブゼラも 勝てば気持ち いい響き」。サッカーW杯で日本が決勝トーナメントに出場。

 

北朝鮮の韓国砲撃、ロシア首相の北方四島訪問、政治家の軽口、放言、陳謝、撤回の数々による国会の混乱、民主党の内輪もめ、ロッテの日本一、斉藤祐樹の日ハム入り、石川遼の活躍など、後半部分はこれからだろうが、暗いニュースが多いのが今年の特徴。明るいニュースを探したい。

 

恒例の「私の十大ニュース」「新しい年の十大目標」などは、ピックアップ済だろうか。一年の締め括りをしよう。