日々雑感~デイリーメッセージ~

平成29年3月20日(№7278) 春分の日

春分の日

「春分の日」はご先祖のお礼参りの日と決めている。今年もご縁のある方たちのお墓参りをする。暑さ寒さも彼岸までというからぼつぼつ春の気配が立ち上ると期待している。今年は呉市内の海軍墓地にある父の慰霊碑からスタートする。続いて妻の兄の見舞いに立ち寄る。先日肺がんの手術をしたばかり。ひどく落ち込んでいるらしいから励ましに立ち寄る。

 

続いて妻の実家のお墓にご挨拶。父母がいないので少し縁が遠くなったが、お墓参りは欠かせない。それが終わると故郷のわが祖先をお参りする。道路が少し痛んできたので墓地を移したいと考えている。元「竹の子学園」の敷地が整地してあるので、その場所はどうかと妻と話し合っている。広さは約百坪あり、日当たりも見晴らしも良い。前側は遊歩道だ。

 

そこへ次弟から墓地を欲しいと申し入れがあった。うれしいことなので無償で提供する。友人の石材店と相談して構想を纏めたい。費用は安くないだろうが、倉庫用地が市の道路を拡張するため買収された。その一部を当てればさして負担にならない。お盆までは無理だろうが今年中に移転を終えたい。先祖の土地を離れるのは寂しいが、高齢者だけに許されたい。

 

もう一日欲しいが日を改めてお参りする。末弟の墓、友人の墓、叔父叔母たち母の一族の墓、娘の嫁ぎ先の墓、ここまではキチンとお参りしたい。最近は先祖のお守をする人が少なくなった。近隣の墓地でもたくさんの区画が空いている。祖父母の墓、父母の墓は自分で建立し、自分の墓まで世話するとは矛盾を感じるが、今はそういう時代になったと承知する。