日々雑感~デイリーメッセージ~

平成29年3月6日(№7264) 「傘寿参拝」を叶える

「傘寿参拝」を叶える

3月1日が「傘寿の日」でかねて信心の太鼓谷神社に参拝の予定だったが、前日の兵庫県の通夜に疲れ果て先延ばしにしていた。ようやく3月5日妻と連れ立って参拝した。こうした儀式的参拝は「数え年」で行うが、妻と1歳違いのため満年齢と数え年のセットで祝詞を挙げて貰っている。この日は到着したのが午後2時、予定より大幅に遅れてしまった。

 

祭司の受付に行き朱鳥居の奉納を申し出る。これまでセット3万円であったが5万円に変更になっていた。神様のお告げであるから文句を言わずに奉納。さらに健康長寿の祝詞を挙げていただくようお願いした。応接室でお抹茶をいただき、しばし待つ。いつもは合同であるが幸運にも他に祈祷者はなく、一組で有り難くお受けした。椅子に座らず拝礼をした。

 

お祓い、祝詞、巫女の舞いと進んだが、足の調子が悪く難儀した。もしかしたらその分だけ神様が治してくださるかもしれない。私は御神籤を引かないが妻は「大安」だと大喜びをしていた。帰りは路を迷い20㎞も遠回りした。社員からもお祝いをいただいていたので、一人一人に「源氏巻き」のお土産を購入した。残念ながら多くの土産店が閉店していた。

 

次の年齢儀式は88歳の米寿であるが、8年先では心もとない。神主さんは「神の加護があるから大丈夫」と簡単に請け合ってくれたが、先ずは信じて8年後のお参りを期待したい。担当の宮司とは昭和12年生まれの同い年だが、髪の黒さや多さ、顔の色つやなど遥かに勝っている。自信を持って病気と仲良くしながら生きていきたい。心掛け次第と諭された。