日々雑感~デイリーメッセージ~

平成23年6月16日(No5292)  徒歩通勤を続ける

徒歩通勤を続ける

100㌔ウォーキングを終えて、徒歩通勤をこれからどうしようかと考えていた。妻は止めろと言う。確かに片道20分のロスはある。運動の時間と考えれば、このロスは損失ではない。ウォーキング参加のため25日間、徒歩通勤などのトレーニングに取り組んできた。簡単ではなかったけど日毎に楽しさが増してきた。それが忘れられず続けることにした。

 

トレーニングのための徒歩通勤ではなく、もっとゆったりしたゴミ拾いをしながらのスタイルにする。雨が降れば車で通勤するという程度の軽い気持ちで続ける。高齢になってトレーニングが自主的に継続できて驚いたし、体が変化していく楽しみもある。いずれにしても若くはなれないのだから、老化を遅らせる程度の努力を惜しんではならないと思う。

 

頭も身体も同じだが、使わなければ必ず衰える。70歳を超えたら「若いですね!」といってもらいたい欲が増えてくる。姿勢、声、笑顔、動きが鈍らなければ、いくらかは誤魔化せる。高齢だから仕方がないなどと思わず、高齢だからこそ若い人より努力する責任があることを率先して示したい。今回のウォーキングは実に多くの利益をもたらしてくれた。

 

第一は連続4時間半も歩けた自信。25日も続けてトレーニングできた根性。禁煙で太り始めた身体をスリムにすることができた。仕事に対する時間管理が正確になった。時間を大切に使えるようになった。トレーニングは週に一回ジムに通って何かするよりも、毎日何かを続けるほうが効果が高いと思う。「毎日続ける」に勝る行いはない。無理せずぼつぼつ。