スタッフブログ

熊本城

投稿日:2012.09.10 | コメントをどうぞ

はじける笑顔の山野幸恵です.

 

熊本城(くまもとじょう)へ足を運びました!

熊本城_copy

日本三名城の一つで、安土桃山時代末期から江戸時代初期にかけて、

加藤清正が現在のような姿の熊本城を築いたとされており、

一度訪れたかった場所。

別名、銀杏城(ぎんなんじょう)と呼ばれているそうです。

 

8時半に到着。

人も少なめで無料説明員の方が30分案内してくれました。

私の熊本城 ベスト5をご案内します。

 

まず一つ目が、「闇(くらが)り通路」は

石垣と石垣の上に本丸御殿が建てられており、

その下の通路部分を通り入場していきます。

建物を支える赤松の梁やケヤキの柱は、木造ならではの迫力があります。

 

そして、大天守が目の前に!! テンションMAX!!!

 

3重6階地下1階構造になっていましたが、一階ずつゆっくり展示を見て最上階へ!眺めは最高です!

西南戦争でも火の粉を免れたといわれる宇土櫓(うとやぐら)にももちろん登りました。

 

本丸御殿は4年前に復元されてからずっと行きたいと思っていたので、大興奮のまま内部へ。

 

「昭君の間」煌びやかな内装は、京都の「二条城」を思わせるような

折り上げ格天井に色鮮やかに鳥や花が描かれています。

「大台所」は天井がなく、屋根の小屋組みまで見れるので圧巻でした。

 

そして、最後にあげるのは、「熊本城おもてなし武将隊」

これがみんなイケメン♪ それぞれ武将になりきり写真を撮ったり、案内してくれます。

一緒に写真を撮ってもらえばよかった! 残念!

他にも石垣に忍び返し、鉄砲狭間、矢狭間など細かなところも感動しっぱなし。

一日いても飽きないとはこのことでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です