スタッフブログ

錦帯橋へドライブ

投稿日:2012.10.30 | コメントをどうぞ

はじける笑顔の山野幸恵です。

 

お天気がよかったので、錦帯橋まで行ってきました。

 

2004年に架け替えられてから訪れてなかったので、

久しぶりにドライブしてきました。

P1050549_copy

観光バスも10台くらいは止まっており、

ソフトクリーム屋さんはTV放送されているのもあり活気がありました。

 

私もつられて一つ♪ ここまできたなら…とご利益のある白蛇もみて来ました!

 

錦帯橋は、国内の木材を100%使って架け替えられている

広島に住んでいる人には有名な橋です。

P1050550_copy 

ウィキペディアにもバッチリ書かれています。少し抜粋するとこんな感じ↓↓↓

 

日本三名橋日本三大奇橋に数えられており、名勝に指定されている。

 

5連のアーチからなるこの橋は、全長193.3メートル、幅員5.0メートルで、

継手や仕口といった組木の技術によって造られている。

しかし、美しいアーチ形状は、木だけでなく、鉄(鋼)の有効活用がなされて初めて実現したものである。とのこと。

 

私もしっかりとこの目で見てきました! 鉄のクサビ。「たたら鉄」と言われるそうです。

そして、100%つながりでおもしろい発見が!

 

第4週目はマルコシの生涯学習講座・半田講師による広島学。

10月24日に参加した内容は、「広島の針」国内シェア100%。

 DSCF1521_copy

広島人として誇らしい内容ですが、知らないことばかりで驚きの連続です。

 

なぜ、そうなったのかは、どうやら一時期、鉄が出雲・広島県北で生産7割を占めていたからではないかとのこと。

その講座で「たたら」という名前が出てきたのです。関係が深いのでは?と感じる今日この頃…。

広島と岩国はつながっていますね!

 

そして、もう一つおもしろいことにこの講座では、「広島ルール」の本からも広島学を学んでいます。

その中に、広島人は「岩国は広島の仲間だ」

というルールが書いてありました。

たしかに!

私もそう感じる一人です。岩国は他県ながらとても身近に感じる場所であり、

ドライブコースのような感覚です。

 

ぜひ、紅葉の季節に足を運んでみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です