スタッフブログ

こだわりトイレ勉強中!!

投稿日:2012.09.25 | コメントをどうぞ

パワフルなエース、金本和宏です。

 

今回はただ今リフォーム工事中の現場から。

 

現場からと言っても、トイレの改装工事で手洗いカウンター収納に

使わせていただく部材のご紹介をしたいと思います。

 

まずは、『トイレキャビネット』

 

使っている木材は「タモ」です。

タモは材質が堅く・狂いが少ない特徴を持っています。

 

ちなみに、プロ野球選手が使っている木製バットもタモ材!

硬式ボールが打てる程、硬いんですよ!

 

扉の表面は「なぐり仕上げ」が施されています。

“なぐり仕上げ”の産みの親は、あの「千利休」。

 

今まで、下処理でしかなかった“なぐり”を仕上げとして茶室の柱に使ったのが始まりと言われています。

やっぱり、日本建築は奥が深いですね!と言いつつ私も、今回調べて知った次第でございます。

CIMG4587_copy CIMG4588_copy

 

続いては、『手洗い鉢』

 

日本六古窯の一つ、信楽焼の手洗い鉢です。

 

信楽焼といえば、玄関の軒先でよく見かける“狸の置物”も信楽焼なんですよ。

信楽焼は食器や茶器などバラエティーに富んだ焼き物を楽しむことが出来ます。

今回は、赤と緑のコントラストが綺麗な“椿”の絵柄を、お客様と一緒に選びました。

CIMG4586_copy

さてさて、どんなトイレ空間になるのか…。

 

只今、職人さんと協力して「こだわりトイレ」を心を込めて仕上げております!

完成が私も楽しみです!。

 

完成後の様子は、次回アップいたしますので、是非、楽しみに待ってて下さいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です