金本和宏

転ばぬ先の手すり

パワフルなエース!金本和宏です。

今回はリフォーム現場からのレポートです。

 

お客様から

「今まで何ともなかった、玄関アプローチの階段の上がり下りが最近難しく感じるようになった」

とご相談がありました。

お伺いしてみると、現状の階段は周り階段で踏面も狭く段差も高くて、

これでは毎日の上がり下りが危険な状態です。

 

外階段を造り替えるには、敷地的にも無理があります。

そこで、お奨めしたのが「歩行補助用の手すり」です。

 

今回は、女性や高齢の手の小さい方にもしっかりと握り込めるように

径の小さなタイプをお奨めいたしました。

 

天然木のような優しい手触りの手すりで、表面は温もりのある自然な木目模様の仕上がりです。

素材は、樹脂製なので、天然木のような割れ・ささくれ・腐りなどの心配がほとんど無いので、屋外に安心して設置出来ます。

 

又、細かい所にも注意して、手すり下部の溝を隠す目板も取付けさせていただきました。

握りやすさが向上し、指のはさみ込みを抑制します。

 

転ばぬ先の杖ならぬ、手すり!手すりがあれば、

つかまりながら歩けるので安心してお出かけ出来ますよ。 

お年寄り、お子さん、妊婦さん、家族のみんなを手すりが安全にサポートしてくれます。

 

補助手すりを取り付ける際には、介護保険の住宅改修費が給付される場合もあります。

それも合わせて、補助手すりの事なら何でもお気軽にお申し付け下さいませ。