金本和宏

台風に備えて、屋根リフォーム

パワフルなエース!金本和宏です。

台風シーズンに入りまして、広島にも台風が通過するようになりました。

皆様お住まいは台風対策は万全でございますでしょうか?

今回のブログは、そんな台風対策でも重要な『屋根』のリフォーム工事を施工させていただいた現場からレポートです。

 

お客様から「離れた所からみたら、うちの屋根に白い物が所々見える?」とご相談が…。

まずは、梯子を持って現場に急行。点検・調査を行うと白い物の正体が判明しました。

 

屋根の一番上の部分、「棟」の漆喰が経年劣化で割れて屋根の上に広がっていました。

点検してみると、棟部分だけではなく屋根全体に老朽化による劣化の事象が見受けられます。

セメント瓦の塗装部分が劣化し防水性能の低下

 

瓦の割れ

(瓦が割れるのも、瓦表面の防水性能が低下し、瓦自体に水分が含まれ冬場の凍害となるのが原因です)

 

このままでは、雨漏りするリスクが高いので、お客様に現状の写真を見てもらいながらご説明。

台風がくる前に屋根の葺き替え工事をさせていただくことになりました。

 

今、割れている瓦をそのままにしておくことは出来ないので、その場で応急処置を行います。

 

屋根のリフォームでは、お客様にご安心いただける様に現状の点検・調査だけではなく

その場で出来る応急処置も合わせて行わせていただきます。

 

次回は、工事中から完成までの様子をご報告いたします。