木原愛一郎

坂の上の雲ミュージアム

投稿日:2019.01.28 | コメントをどうぞ

 

木原愛一郎です! 

 

休みを利用して家族で松山に行ってきました。

 

一番の目的は『坂の上の雲ミュージアム』の見学です。

 

 

 

 

近代建築で素晴らしい建物でしたが、設計者は著名な建築家『安藤忠雄』との事…、

 

なるほどと感心しました。

 

『坂の上の雲』はご存知の通り、司馬遼太郎の小説のタイトルであり、全八巻の大作です。

 

私も全巻読破し、NHKドラマも全て見ました。

 

明治以降、日清~日露戦争の時代のお話しですが、

 

ある意味、日本人が最も輝いていた時代だったようにも思えます。

 

NHKドラマに関しては色々な逸話があります。

 

秋山真之役の本木雅弘さんは撮影終了まで、この役に集中するために

 

一切他の仕事を入れなかったそうです。

 

またドラマ制作の条件として、再放送をしないこと・リメイクをしてはならない等、

 

厳しい制約のもとに創作されました。

 

本当は全ての展示物を事細かに見学したかったのですが、残念ながら家族たちは大して関心もない様子…。

 

もう一度落ち着いて見学したいものです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です