スタッフブログ

シロアリにご用心!

投稿日:2019.07.29 | コメントをどうぞ

パワフルなエース!金本和宏です。

春から夏にかけて、お客様から「羽アリが大量に出てきた!」とご相談をいただきます。

その正体は、シロアリのことが多いんです。
シロアリは普段お目に掛かる機会はほとんどありません。

しかし、ある時大量の羽アリが発生しているところを目撃した場合、

その羽アリは家屋の木材を食べてしまうシロアリの可能性があります。

 

シロアリの羽アリが飛ぶのは数年に一度巣から飛び立つ群飛(ぐんぴ)のタイミングです。

そんなシロアリは風と太陽の光(乾燥)が苦手です。

普段の生活でもジメジメしたような地中や、地上であっても蟻道という土などで形成された道を作って生活をしています。

そのため、羽アリとなって地上に出てくるのも、4月~7月と春から夏にかけて比較的湿度もあって温かい時期です。

 

ヤマトシロアリの羽アリ:4月~6月の雨上がりの昼間

イエシロアリの羽アリ:6月~7月の夜間

アメリカカンザイシロアリの羽アリ:3月~10月

 

が一般的です。

 

シロアリは1年中活動して増殖し続けています。

それもあって、外敵に捕食・駆除されなければ巣内に個体が溢れてきてしまうのです。

コロニ―の個体数が増えすぎてしまったら、バランスを保つために出て行き、オスとメスでペアになり、

移動して降り立った先で王アリ女王アリとなって新たなコロニーを作るのです。

なので、群飛で飛んでいったからといってシロアリがいなくなったわけではありません。

群飛を見たらシロアリがむしろ近くで繁殖している可能性があるということなので要注意です。

 

今回も、羽アリを発見したとご相談。職人さんと大急ぎで調べに行ってみると…。

シロアリが床下を通る為に作った「蟻道」を発見!!

 

 

 

 

 

こんなに大きな蟻道を作るということは、たくさんのシロアリが生息しているということ。

早速、ご説明して駆除・予防工事をさせていただきました。

 

 

 

 

合わせて、シロアリが好むジメジメした床下環境改善の為、

床下防湿・調湿シートを施工致しました。

 

 

 

 

マルコシは、リフォームだけではなく、お客様の大切な住まいを守る為、

住まいのことなら何でも対応させていただきます!お気軽にご相談下さいませ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です