スタッフブログ

瓦の凍害

投稿日:2020.09.14 | コメントをどうぞ

 

卓球を愛して35年。江原 文男です。

凍害とは、

屋根材中の水分が0℃以下になった時の凍結膨張(水が氷ると体積が大きくなる現象)によって発生するものであり、

長年にわたる凍結(氷ること)と融解(融けること)の繰り返しによって屋根材の材料が徐々に劣化することです。

水が氷る際、自由に膨張できる場合には、約9%の体積膨張をします。

材料の中の小さい空隙の水が氷るとき、自由に膨張できない場合、空隙の壁に圧力が作用して、

材料の強度を超えたときにひび割れが生じます。

ひび割れが拡大していくとやがて、剥がれなど屋根材の機能を低下させる劣化と発達していきます。

写真は瓦の一部分が劣化し、形を成さなくなった状態です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です