スタッフブログ

変わりゆく名称

投稿日:2020.11.09 | コメントをどうぞ

 

大きな体に広い心、三代目社長の木原です。

先週のバタバタだった夢そうじの公園清掃イベントも終わりホッと一息。

今週は通常モードに戻り、高陽縦断公園清掃リレーです。

あいにくの雨模様ですが足を負傷した常務を除き今日も清掃スタート。

雨に濡れた落ち葉に苦戦しながらの掃除です。

ふと目をやると公園の名前が消されています。

あれあれ? いたずらかと思いましたが 特定の文字だけ消されています。

よく見ると『高陽』と『児童』の文字だけ塗りつぶされています。

『高陽』は何となくわかります。

1955年に成立された高陽町という名称は合併を繰り返すうちに1973年消滅してしまいましたから。

でもここで育った私の中でも会社の広告物の中ではしっかり生きていますからよく使います。

でも地図の名称としては消えてしまったんですよね。
なにかさみしいような、、、

となると疑問は児童の文字の抹消。

気になり調べてみると1993年に公園をもっと幅広い年代に使ってもらいたいと

児童公園の『児童』の文字は抹消されたようです。

そういえばそのころからですかね?

キャッチボール禁止とかサッカー禁止とか言い始めたのは。

まぁ、幅広いご利用をとくれば致し方なしですかね?

それにしても変わったなら変わったで公園の名称版、もっときれいに塗ればいいのに、、、

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です