スタッフブログ

大手ブロック塀の塗装工事

投稿日:2020.12.04 | コメントをどうぞ

はじける笑顔の山野幸恵です。

年数が経ってしまうと、ブロック塀の塗装も色あせてきて塗り替えのリフォームが必要です。

塗装していた部分がはがれてきたり、塗膜が浮いて膨れていることがあります。

これは、ブロック塀の中に水が浸入してしまい塗膜を押してできる現象です。

 

水が入らないようにきれいにメンテナンスしてあげることで、ブロック塀も長持ちします。

今回は、ポスト周りから水が浸入して、塗膜がはがれていたので、

ポストは新しいものと交換し、水が入らないようにコーキング。

塗装がはがれていたところは、凹凸が気にならないように下地の補修をしてから、大手の塗装をしました。

 

せっかくポストも交換するので、インターホンもカメラ付きのタイプに。

誰がいつ来られたかが録画もでき、顔もきれいに大きく映るので、すぐに対応できます。

防犯にもなり安心ですね。

 

玄関は家の顔です。

いつもきれいな状態を保たれているお客様。

以前、植え替えさせていただいた植木も元気に新芽を出して少し大きくなっていました!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です