社長メッセージ

災害は日本列島至るところで

平成29年7月

予想を超える大被害

まだ台風の時期ではないと思っていましたが、六月のうちに第三号が発生、つられて筑紫方面ではかつて経験したことのない豪雨にさらされ、福岡県朝倉市では一時間当たり195㍉も降り大きな被害を蒙りました。降り始めの五日からは600㍉を超える雨が降りました。死者は二十五人を超え、孤立した被災者は福岡・大分を合わせて二千人を超えました。亡くなられた犠牲者のご冥福をお祈りし、被害に遭遇された方々に心からお見舞い申しかげます。

 

第七回東日本大震災復興支援チャリティー

時の流れるのは早いもので東日本大震災の悲劇から七年の月日が過ぎ去ろうとしています。マルコシではたいしてお役に立ちませんが、地域の皆さんや全国の善友にお願いし、ささやかな支援を続けています。皆さんから寄せられた志は、「日本を美しくする会」にお届けしボランティア活動の資金として活用していただきました。今年はどうしたものでしょうか。勝手なお願いですが皆さんのご賛同が得られれば、筑豊で被災された皆さんに「善意」をお届けしたいと思います。

 

ふるさとの神楽舞を

今年はひさしぶりにふるさと・宮崎神楽団をお招きしております。今年は「八岐大蛇」と「悪狐伝」を上演させていただきます。特に最近は成長が著しく、安芸高田市の五月選抜大会で優勝し、来年は県大会に出場の資格を得ました。きっと皆さまにも喜んでいただけるだろうと自負しています。幾多の返還はありましたが、創立して一〇五年になります。善意溢れる催しが皆さんに喜んでいただき、被害に遭われた皆さんにささやかなプレゼントができることを願っています。