日々雑感~デイリーメッセージ~

平成24年12月24日(No5849)   万縁の会・本部幹事会

万縁の会・本部幹事会

会員の増強目標が遠くなり、予想をはるかに下回った。努力が足りないか、やり方が間違っていないか、検証するために万縁の会・本部幹事会を開いた。万縁の会の目的は政治家・中田宏の政治資金支援組織である。低迷している日本の復活にささやかでも力を添えたいと考えている。組織の活性化の問題、活動の進め方など反省を込めながら話し合った。

 

第46回衆院選で中田宏は「日本維新の会」の一員として「北陸信越地区」比例区から立候補した。東京の石原さん、近畿の東国原さんとともに担当地域の応援に奔走した。北陸信越区の比例代表は11名、予定2名のところ3名の当選だから大奮闘、報われてよかった。逆に東京区の代表は17名のところぎりぎり3名と予想を下回った。石原人気にも陰りが?

 

中田宏は国会に議席を得た。浪人で苦労するよりも、国政の舞台で苦労してくれる方が有り難い。維新の会は比例区では民主党を押さえて第二党の地位を占めた。議員の中身は海のものとも山のものとも分からないが、チルドレンやガールズのように泡の如く消えてほしくない。中田宏の国会議員団における肩書きは未定だが、国家戦略・人材育成はいかが?

 

中田宏の政治活動資金はいつも枯渇している。今回の選挙では見かねて親しい会員の皆さまにカンパをお願いした。全体で122名のうち、54名を占めている。金額は458万円のうち304万円と力強い。中田宏にとっては、勇気百倍の応援団となった。金額の多寡にかかわらず、見返りを求めない支援は、日本の政治を磨いてくれるに違いない。只々感謝。