日々雑感~デイリーメッセージ~

平成24年3月5日(No5555)   5555号

5555号

ディリーメッセージが「5555号」と元気のよい並び数字となった。1号から600号までは日曜日をお休みしていた。601号から5555号までは連続している。ほぼ14年間、思考力が停止するほどの病気にならなかったことの証となる。途中2183号は胃がんの全摘出手術の翌日になる。この日も休んでいない。癌手術さえ小さな出来事にした。

 

デイリーメッセージをお届けしている加藤貴也さんの紹介で兵庫県のちびっこ三兄弟より便りが届いた。高一のるり香ちゃん、中一の理一くん、小一の二季子ちゃん。丁寧な文字と文体で読みやすい。加藤さんのご近所の家族でお孫さん同士の交流があるようだ。三人の可愛いピース写真も同封されていた。鍵山秀三郎さんともお便り交換が始まったらしい。

 

周りの大人の善意のお節介は、子どもらに未知の世界を提供してくれる。また新しい楽しみが増えた。お客様の岡村省吾さんから「弥生です。少し春らしくなって参りました。二月分送ります。…」と便りが届いた。岡村さんは定年退職して22年間、一日に6首の「五、七、五、七、七」を読んでおられる。22年間休みなしだから、デイリーなど足元にも…。

 

二月分とは、二月に詠んだ歌集のことである。正当の和歌あり、風刺あり、戯れ歌あり、多彩だ。パソコンは使わない。すべて繊細で美しい筆文字だ。ささやかなことでも続けていれば、新しい交遊が生まれる。ディリーの1号は59歳のときだったが、5555号の今日は75歳を越えている。どんな小さなことでも、一歩を踏み出せば、人生は劇的に変わる。