日々雑感~デイリーメッセージ~

平成26年3月16日(No6296)   送別ゴルフ

送別ゴルフ

20年を超えてマルコシの協力業者で功績のあった今田塗装さんが、高齢のため廃業される。若い社員はいるが、いずれも後継にはならない。経営者の苦労を身近で見ているからだろうか。残念に思う。その功績を称えて「柏友会」の主催で感謝のゴルフコンペが3月23日開かれる。今田さんは「下手の横好き」と言われるほどゴルフ大好き人間。本望だろう。

 

当日は感謝を込めて同じ組で回らせていただく。残念ながら胃がんの手術をして以来、ゴルフを断念し遠ざかっている。15年の間に2度ほどコンペに参加したが、あちこちが筋肉痛になる苦い思い出しかない。3年前から一念発起してウォーキングを続けているから、少しは足腰が鍛えられているのではないかと期待した。職人さんと練習場へ足を運んだ。

 

多少の期待はあったが、見るも無残に夢は壊れた。きちんとした練習は17年もしていない。肉体的にも衰えは仕方がない。それでも全盛時代のイメージが払拭できない。ウォーキングとは使う筋肉が違う。表面はにこやかに、しかしみじめな思いでクラブを振り続けた。箒ダコとゴルフダコは微妙に位置が違う。満足にクラブが握れない。スイングもできない。

 

その上、生意気にも80歳になったときにエージシュートを達成させると宣言している。まだ3年あると甘い夢を見ているが、肉体は衰えるばかりだ。それでも「願えば叶う」と夢は捨てていない。若い人が夢中になってやってもうまくいかないのに、傘寿の老体には無理だとささやく声がする。その声は無視して強気一点張りの計画を立てて我武者羅に進む。

 

とりあえず3月23日の「今田さん送別ゴルフ」は、みっともないリタイアだけはしたくない。ともかく18ホール回り切る。それが第一歩。やがてエージシュートの展望が見える。